仮想通貨の市場規模は拡大し続けるのだろうか?

仮想通貨はすでに莫大な市場規模に達しています。

 

そして将来性のある分野としてあらゆるところから注目されています。

 

 

それは、大手メガバンクが仮想通貨を発行して顧客を取り込もうとしている

 

ことからも、これから先の将来性が高いということができます。

 

 

しかし、現状どのくらいで、将来はどうなるのでしょうか?

 

初心者が仮想通貨を購入する前に、市場規模について考えてみましょう。

 

 

仮想通貨の市場規模は今後どうなる?

現在の市場規模

 

仮想通貨は2017年に飛躍的に成長をとげました。

 

特に、仮想通貨の種類によっては、600倍もの値が付いたものもあります。

 

 

ほとんどの人がここまでの進化を予測していなかったでしょう。

 

現在の仮想通貨の市場規模は、約17兆円です。

 

1年前の同期が1兆2000億円だったようで、約1年間で16倍になったことになります。

 

1年間で16倍成長する分野など他に聞いたことはありません。

 

 

そして、2年前までは、市場のほとんどをビットコインが占めていました。

 

しかし、昨年はビットコインのシェアは60%まで落ちてきており、

 

ビットコイン以外の仮想通貨が急激な伸びを示しています。

 

ですから、仮想通貨の市場全体を押し上げてきた要因でもあるわけです。

 

 

つまり、現在のところ、仮想通貨界のパワーバランスは、

 

ビットコインの一強時代からアルトコインの時代へ

 

と変化してきているように感じます。

 

 

そうなると、多数あるアルトコインの中から、成長株を選択することが重要になってきます。

 

将来はどうなっていくのでしょうか?

 

 

仮想通貨市場の将来予測

 

今後、東京オリンピックに向けて、

 

仮想通貨の市場規模はまだまだ拡大していくというのが大方の見方です。

 

 

その中心となるのは、ビットコインではなく

 

ビットコイン以外のアルトコインだと考えられています。

 

現在、ビットコインに次ぐ市場規模第2位のイーサリアムで

 

約3兆円の規模です。

 

まだまだ、ビットコインとの差は顕著です。

 

 

しかし、ビットコインも1年間で16倍に成長したことを考えると、

 

イーサリアムも今後同様の成長を遂げるかもしれません。

 

 

とはいうものの、アルトコインは今や1500種類に上ろうとしています。

 

この中で、急激な成長を遂げる仮想通貨が複数出てきたら、

 

それだけで、仮想通貨の市場規模は爆発的に拡大していきます

 

 

つまり、今後も仮想通貨の市場規模は成長していくということが言えます。

 

 

ということは、今現在、私たちがすることは、

 

成長株の仮想通貨を見極め、購入をし、成長を見守ることではないでしょうか?

 

市場規模が拡大していくのであれば、仮想通貨の価値はどんどん上がっていくはずです。

 

ただし、ビットコインのように成長したのちの大暴落が仮想通貨にはあるため、

 

タイミングというものが非常に重要になってきます。

 

 

とはいえ、ビットコインだけでなく、他の仮想通貨も、小額から購入が可能です。

 

小額購入をして、仮想通貨とはこんなものだと体感をしていただくことによって、

 

より理解が深まり、仮想通貨の見極めができるようになります。

 

 

あくまでも仮想通貨を投資として考えた場合は、リスクを伴います。

 

できるだけ余ったお金などで購入を検討するなど、最初から多くを購入することは、

お勧めできません。

 

小額から練習のつもりで始めていくことが大切でしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ