仮想通貨の将来性を予測すると意外な結果になった

2017年に仮想通貨は急激な進歩をとげました。

 

 

仮想通貨によっては、この1年間で600倍の値をあげたものもあります。

 

 

この動きは2018年も続くかと思われましたが、

 

年末年始のビットコインの大暴落に表されるように、

 

まだまだ、不安定な市場です。

 

 

しかし、市場規模は拡大し、1位の流通量を誇るビットコインは24兆円を超えました。

 

これは、もはや無視できない数字です。

 

 

この2017年からの動きを踏まえて、2018年の仮想通貨の将来性を予測すると、

 

意外な結果にたどり着いてしまいました。

 

 

仮想通貨の将来性を予想してみたら??

仮想通貨は伸びるのか?

 

仮想通貨は2018年伸びていくのかどうかですが、

 

 

伸びていくと思われます。

 

 

これは、2017年に仮想通貨市場が上昇したのは、

 

ビットコインの価値が上がったからだけではありません。

 

 

仮想通貨市場を押し上げた要因は、

 

アルトコインの上昇

 

です。

 

 

いまや約1500種類ものアルトコインが流通していると言います。

 

 

そうそう。

 

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨の総称です。

 

 

このアルトコインの

 

 

イーサリアム

 

ライトコイン

 

ネム

 

 

などが軒並み評価を上げました。

 

他のアルトコインでも値を上げたものは多くあります。

 

 

これら多くのアルトコインによって市場全体が押し上げられました。

 

2018年予測でも、ビットコインは成熟期に入ってきていると考えられるため、

 

伸び率は落ち着いてくると思われます。

 

 

しかし、その他のアルトコインについては、

 

まだまだ、伸びしろが潜在しており、これらも伸びていくと考えられます。

 

ただし、1500ものアルトコインが存在しているとはいえ、

 

それらすべてが伸びることはないでしょう。

 

 

アルトコインは、アルトコイン内での淘汰がより激しくなってくると思われます。

 

しかし、伸びるアルトコインは、これからもどんどん伸びていくと思います。

 

 

取引所

 

取引所も今後は、淘汰される可能性があります。

 

仮想通貨は、暗号通貨とも呼ばれ、仮想通貨自体のセキュリティーは

 

ほぼ万全になってきています。

 

 

しかし、韓国でも取引所が廃止されるように、

 

仮想通貨の売買を行う取引所が狙われるケースはよくあります。

 

取引所自体にも資金力があるところ、ないところがあり、見極めが大切です。

 

 

日本においては、大手がバックについている取引所も現れ、

 

資金力については心配しなくてもよいくらいのレベルにまで来ている思われます。

 

 

しかし、いくら資金力があってもわからないのが今の時代です。

 

少しでも資金力のある取引所で取引をする方がいいでしょう。

 

あまりマイナーな取引所での取引は控えた方がいいかもしれません。

 

 

総合的な展望

 

2018年にはメガバンクも仮想通貨に参入してくる予定です。

 

 

これらのことから考えると、今後は、

 

 

ビットコインよりもアルトコインに注目をするべきでしょう。

 

 

特に、日本という土地柄、地方や組織の中を中心とした

 

仮想通貨参入が予想されます。仮想通貨の発行自体は簡単で、

 

参入障壁が低いことも、ここまで仮想通貨が発達してきた要因でしょう。

 

メガバンクが仮想通貨に参入してくるということは、仮想通貨自体に将来性がある、

 

というよりも、銀行が危機感を抱いているという方が正解でしょう。

 

 

仮想通貨は、2018年も伸びていく市場です。

 

しかし、意外にも、ビットコインではなく、

 

ビットコイン以外のアルトコインが2018年の主役になっていくのではないでしょうか。

Related Post

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ