仮想通貨が暴落した理由は日本にはなかった!?

 

仮想通貨、特にビットコインが2018年1月16日~17日に暴落しました。

 

 

毎年、1月には下落すると言われていたので、

 

下落することは予想されていましたが、

 

 

今回は暴落と言える下がり方です。

 

 

いったい、暴落した理由はなんなのでしょうか?

 

調べてみると、そこには、日本ではない所に原因がありそうです。

 

 

仮想通貨が暴落した理由は世界的な動きが原因だった!?

ビットコインの値動き

 

ビットコインは2018年1月16日には、約170万円でした。

 

しかし、一時は約100万円にまで下落し、

 

翌17日には約127万円まで戻しました。

 

さすがに今までにない値動きで、市場は大混乱しました。

 

 

変動率が高いのが仮想通貨市場とはいえ、ここまでの下落は珍しくなっています。

 

仮想通貨は、株式と異なり、データだけですので、

 

情報

 

 

 

だけで、激しく値が動きますので注意が必要です。

 

 

中国で仮想通貨の取引が規制される?

今回の暴落の理由として、一番大きいのは、

 

 

中国による規制報道

 

 

だと言われています。

 

 

1月16日に、中国で当局が仮想通貨の取引を規制する可能性があることを報じました。

 

また、中国の人民銀行は、

 

ビットコインのウォレットサービスや相対取引についても禁止をする必要がある

 

と政府に要請したようです。

 

 

中国の人民銀行は、仮想通貨の資金調達(いわゆるICO)を禁止し、

 

さらには、人民元による仮想通貨取引所における仮想通貨交換を禁止しています。

 

 

しかし、これでへこたれるような中国人ではありません。

 

人民元がだめならUSドルがあるじゃないかということで、

 

 

中国で、仮想通貨取引所はUSドルなどの通貨で仮想通貨を売買できるようにし、

 

直接取引所を介さずに仮想通貨を売買することで、

 

実質的に中国で仮想通貨の購入は行われていました。

 

 

そこへ今回の規制です。

 

中国におけるウォレットサービスや相対取引に規制をかけることで、

 

仮想通貨自体を中国から締め出そうとしています。

 

 

そして、『実体経済と関係のない疑似金融イノベーションは支持しない』と表明しました。

 

 

中国では、もともと、マイニング(採掘)の規制がいわれており、

 

今回の仮想通貨への規制強化はある意味既定路線だったかもしれません。

 

 

しかし、すでに仮想通貨は中国でかなり購入されており、

 

実際に規制をかけると大混乱になることも予想されています。

 

 

そして、いくら規制をかけても抜け道は必ずあるため、

 

本格的な規制は困難でしょう。

 

中国だけではない暴落の理由

しかし、今回の暴落の理由は、中国だけではないかもしれません。

 

 

1月15日には、ドイツの中央銀行は、

 

「仮想通貨の規制は世界的にルールをつくるべきだ」

 

と声明を発表しました。

 

 

仮想通貨は、法定通貨とは異なり、世界で画一的な価値を有しています。

 

そして、それぞれの国の法定通貨に両替することなく利用することができます。

 

これは、悪いように考えれば、

 

 

匿名性の高い仮想通貨などは、テロ資金などに使われてしまう懸念があります。

 

 

これらのことより、世界各国も、仮想通貨のルール作りを急いでいるのが現状です。

 

 

世界的に見れば、中国の規制はかなりのものですが、

 

実際に世界的に禁止される可能性もないとは言えません。

 

特に、取引量の多い、アメリカ・韓国・ヨーロッパ・日本で規制がかかると市場は混乱し、

 

今回以上の暴落を招く可能性もあります。

 

 

しかし、仮想通貨のブロックチェーン技術は、

 

インターネット以来の革命的発明だ

 

と言われるほどの技術を有しています。

 

 

そして、ここまで規制が出てくるということは、

 

それだけ仮想通貨が身近なものになり、

 

仮想通貨が世界的に力をつけてきたという裏返しです。

 

 

仮想通貨は上下動を繰り返すものですが、しっかりと原因を確認していくことが必要ですね。

 

 

ビットコインの将来性についてはコチラ

↓  ↓  ↓

ビットコインの将来性は高い??

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ