仮想通貨に手をだすのはもう遅い?いやいやまだ大丈夫

仮想通貨を取り扱うコインチェックが

 

アルトコインであるNEM(ネム)の不正流出事件を起こしました。

 

 

これによって、

 

仮想通貨=危険なもの

 

というイメージが一層定着してしまったように思います。

 

 

しかし、これは逆に言えばチャンスです。

 

ビットコインの高騰および暴落によって、仮想通貨はバブルがはじけたなんて言う人もいますが、

 

実際には、まだまだ伸びていく市場です。

 

まとめました。

 

 

仮想通貨への参入はもう遅い?

市場は伸びる

 

仮想通貨市場は、2017年頭には2兆円でした。

 

しかし、2017年末には40兆円になっています。

 

これからもここまでの高騰はまずありえませんが、

 

仮想通貨という市場についてはまだまだ伸びしろがあると考えます。

 

 

だって、この高騰した原因はビットコインだけが高騰したわけではありません

 

 

アルトコインである、イーサリアムやネムやリップルも上がっています

 

 

ということは、この仮想通貨の市場は、ビットコインがけん引をしているけれども、

 

それぞれのアルトコイン自体に価値が認められ始めているということが言えます。

 

 

つまり、ビットコイン以外のアルトコインに実力がついてきているのです。

 

市場で認められれば、これからも需要と供給のバランスで市場は盛り上がってくるはずです。

 

 

小額で始められる

仮想コインの特徴です。

投資目的での話になりますが、非常に小額のお小遣い程度で始めることができます。

 

 

しかも、よくわからなかったらそのまま放置でもOKです。

 

その場合、保管先は、ハードウェアウォレットにしてくださいね。

 

 

コインチェック事件は、インターネット上のウォレット(ホットウォレット)に入れていたため、

 

ハッキングにあったと思われます。

 

インターネット外で保管をすれば、取引所がハッキングされても自分の資産を守ることができます。

 

 

よっぽどのマイナーな仮想通貨を買わない限り、購入後、放置をしていれば、いつか価値が上がります。

 

今の仮想通貨市場はそのような状態になっています。

 

 

2018年は仮想通貨の勝負の年

2017年は仮想通貨元年といわれました。

 

仮想通貨への注目は確実に広がってきています。

 

 

仮想通貨を求める人が今より増えると、代表格のビットコインは値をあげるでしょうか?

 

ビットコインの値が上がるという人と、暴落するという2つの意見があります。

 

 

実際のところは時がたたなければわかりません。

 

 

しかし、需要と供給のバランスが崩れることは考えられます。

 

そして、ビットコインの需要と供給のバランスが崩れたとばっちりは、

 

アルトコインにやってくるはずです。

 

 

今、アルトコインを購入することが、将来にわたって資産を増やす近道です。

 

 

ただし、ビットコインのように社会的認知と市場評価が確立していれば、

 

ある程度の金額を投入される方もいるかもしれませんが、

 

アルトコインは未知数です。

 

お小遣い程度で参入をすることが大切です。

 

 

参入をするにしてもお小遣い程度であれば、最悪笑い話で済みます。

 

 

2020年の東京オリンピックを控えている2018年には、仮想通貨はもっと盛り上がりをみせるでしょう。

 

日本が盛り上がりをみせなくても、海外でみせるはずです。

 

そうすると東京オリンピックを控えている日本にとっては無視ができない存在になっているはずです。

 

今、仮想通貨は将来性があります。

 

やるなら今でしょう!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ