仮想通貨の「モナコイン」ってどうして人気なの?

モナコイン、名前を聞いたことはありませんか?

 

 

今、日本で注目されている、

 

日本初の仮想通貨

 

それが、

 

モナコイン

 

です。

 

 

モナコインは、日本では、ビットコインとモナコインだけで購入できる

 

ショッピングモールが開設されていたり注目株の仮想通貨です。

 

では、モナコインとはどのようなものなのでしょうか?

 

 

仮想通貨「モナコイン」は日本ではかなり使える!!

モナコインとは?

 

仮想通貨でアルトコインの中の一つです。

 

 

数あるアルトコインの中で、モナコインが注目される理由は、

 

日本初の仮想通貨

 

ということのほかに、

 

 

実際に店で使うことのできる数少ない仮想通貨

 

 

だからです。

 

 

このモナコインは、2chから生まれました。

 

もともとは、ネットゲームのポイントや掲示板でユーザー同士が

 

あげたりもらったりするチップとして使われていました。

 

とっても軽い感じで使われていたんですね。

 

もちろん現在も、チップとしての使い方もできます。

 

 

チップとして利用するにはスピードが大事です。

 

ビットコインはブロック生成時間が10分と長く、スムーズな取引が難しい現状で、

 

モナコインは90秒と、スピーディーな決済が可能です。

 

ですから、チップとしてもやり取りができるんですね。

 

チップは気持ちですから、スピードが大切ですね。

 

 

また、モナコインは、発行数が1億512万枚と決まっています。

 

ビットコインの2,100万枚に比べると非常に多いですが、

 

これは、ブロック生成にビットコインが10分かかるので、

 

大量に作ることが難しくなっています。

 

 

モナコインを無料でもらう方法

モナコインの特徴に、チップとしての役割があります。

 

これは、ASK・MONAという掲示板に投稿することによって、

 

モナコインをあげたり、もらったりすることができます。

 

これが、他の仮想通貨にはない発想です。

 

生い立ちが、2chですから、こういう遊び心あふれたゲット方法があるんですね。

 

 

bitFlyerで取り扱い開始

そして、急速に広まったのは、bitFlyerが取り扱いを開始したこともあります。

 

 

日本初の仮想通貨ということで、時価総額も少なく、

 

主として、日本国内での流通となっています。

 

 

しかし、bitFlyerが取り扱いを始めたことによって、

 

海外からの投資家も注目を始めるようになりました。

 

海外にもモナコインが流れていくようになれば、

 

モナコインの価値は一気に上昇することは間違いありません。

 

 

モナコインは使える店が多い

ほとんど仮想通貨はビットコインしか使えないと思っていませんか?

 

実は、日本国内では、モナコインが使えるところも多いのです。

 

 

特に、秋葉原のパソコンショップでは、モナコインが使えるところも出てきました。

 

Arkなどが代表です。

 

 

それ以外にも、仮想通貨の専用ECサイトである

 

「Bitcoinmall」

 

でも、ビットコインとモナコインが使えます。

 

 

これは何気に凄いことですよね。

 

 

そして、ポイントサイトである

 

「Monappy」

 

では、モナコインの総合コミュニティーとしていろいろなものがモナコインで購入可能です。

 

 

モナコインの今後は?

モナコインは、時価総額も高くなってきており、

 

日本国内の盛り上がりも東京から徐々に地方へ広がってきています。

 

 

これは、SNSなどのソーシャルメディアよって、

 

モナコインの存在が広く知られるようになってきたことも関係しています。

 

 

これから、bitFlyer以外にも取引が開始されれば、爆発的に広がる要素も潜んでいます。

 

ポイントは、秋葉原などが中心となってモナコインが普及されてきたため、

 

来日観光客によってモナコインの存在が知られるようになると

 

アルトコイン界を引っ張っていく存在になる可能性も秘めてます。

 

これからのモナコインに注目ですね。

 

 

モナコインはアルトコインの中でも使えるのかはコチラ

↓  ↓  ↓

モナコインが絶対的におすすめできる理由

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ