仮想通貨でメディアに惑わされるな!本質は変わらない

 

仮想通貨の報道が連日テレビや新聞をにぎわせています。

 

それだけ仮想通貨が身近になってきたということですが、

 

メディアが報道する内容は、

 

仮想通貨に対してマイナスのネガティブな情報が多いように感じます。

 

 

それに一般の人は振り回されたり、

 

仮想通貨は危険なものというイメージを植え付けられたり、

 

 

大変ですよね。

 

 

仮想通貨におけるメディアとの付き合い方を考えてみましょう。

 

 

仮想通貨でメディアに振り回されるな!正しい情報を知ろう!

ビットコインの暴落

 

2017年末から2018年1月のビットコインの暴落も、

 

センセーショナルに報道されました。

 

 

しかし、ほぼ毎年、ビットコインをはじめ、仮想通貨は1月に下落する傾向があります。

 

ですから、目くじらをたてて報道することではないように思います。

 

 

ただ、今回は、ビットコインが高騰した後なので、

 

下落幅が大きく、暴落ということになりました。

 

 

これらのことを差し置いて、

 

 

ビットコインが暴落した

 

 

という見出しで新聞やテレビなどのメディアで報道されると、

 

「ビットコインや仮想通貨は暴落するんだ!怖い!」

 

となってしまいます。

 

 

考えてみれば、株でも暴落はあり、新聞報道されるので、

 

いわばそれに近いものです。

 

 

しかし、決定的に異なるのは、

 

株が暴落するには、

 

必ず株式を発行している企業に問題がある

 

という理由がはっきりしています。

 

 

ビットコインは、データですので、1月に下落する傾向はあるものの、

 

原因ははっきりしません。

 

ただ、毎年、その後は持ち直していますから、

 

そこまで問題にする必要はないと思います。

 

 

『毎年1月は下落傾向』

 

ということを知っていれば、そこまで大騒ぎをする必要はないのですが、

 

メディアはそこまで報道しません。

 

 

さらに、今回の暴落には2017年後半の高騰が異常だったということも

 

併せて知っておく必要があるでしょう。

 

 

コインチェック事件

クリックすると新しいウィンドウで開きます

このビットコインの暴落に加えて、さらに拍車をかけたのが、

 

コインチェックの仮想通貨NEM(ネム)の流失事件です。

 

 

これは、コインチェックの仮想通貨の管理に問題があったにもかかわらず、

 

「仮想通貨がなくなった!」

 

とだけ報道されました。

 

 

完全に間違いというわけではありませんが、

 

「仮想通貨がなくなった」

 

のではなく、

 

「仮想通貨がコインチェックのずさんな管理で盗まれた」

 

のが正しいのです。

 

仮想通貨NEM自体に問題は全くありませんでした。

 

 

その証拠に、他の取引所で扱われているNEMには

 

なんの影響もなく、正常に取引をされています。

 

 

問題の本質は、コインチェックの管理がずさんだったというだけです。

 

 

しかし、

 

コインチェックの問題であるにもかかわらず、

 

仮想通貨自体が悪いかのような報道をされた

 

ことに問題があるのです。

 

 

取引所を銀行と同じで考えると、

 

銀行の管理が悪く、預金を盗まれた状況が、

 

今回のNEM流失事件です。

 

銀行で預金が盗まれたら、預金が悪いって言いますか?

 

銀行が悪いって言いますよね。

 

 

しかし、コインチェックが悪いのは報道されていますが、

 

仮想通貨NEM自体も悪いように言われているのが問題なんですね。

 

 

メディアにもしっかりしてもらいたいですが、

 

私たちも正しい情報を手に入れなければなりません。

 

 

仮想通貨の今後についてはコチラ

↓  ↓  ↓

仮想通貨はもう終わり?いえいえこれからです

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ