Lineが仮想通貨に参入することによって変わること

仮想通貨にLineが参入することが

 

2018年1月31日に発表されました。

 

 

今まで、SNS事業としてトップに君臨するLineは

 

モバイル事業に参入しましたが、

 

伸びがいまいちとなり、ソフトバンクグループへ吸収されました。

 

 

今度は、仮想通貨事業です。

 

いったい、Lineが仮想通貨に参入することによって何が変わるのでしょうか?

 

 

Lineが仮想通貨に参入するとこうなる!!

 

Line参入の概要

 

Lineは子会社「Line Financial」を設立し、

 

仮想通貨事業に参入することになりました。

 

 

すでに、Line Pay で独自決済は展開しており、

 

その登録ユーザーは4000万人を超え、年間取引高は4500億円を超えています。

 

 

ある意味独自ながらノウハウを持っている中での参入となります。

 

すでに、金融庁へ認可申請をされており、現在審査中とのことです。

 

 

Lineの強み

 

Lineの強みは、スタンプでしょう。

 

すでに1億5千人を超えるユーザーがLineを利用しています。

 

今スマホを持っている人でLineアプリをダウンロードしていない人はいないでしょう。

 

 

格安スマホでもID検索ができないだけで、普通に使えますからね。

 

 

このLineユーザーのスタンプ購入決済は、現在はLine payですが、

 

これが、Lineの仮想通貨に変わっただけで、流れが変わります。

 

Lineが独自トークンを発行するのか、既存の仮想通貨を利用するのかは

 

未だわかりませんが、流れが変わることは間違いありません。

 

 

Lineが参入するとあの企業も参入してくる?

Lineが仮想通貨に参入してくるとなると、

 

あの企業も参入してくるのではないでしょうか?

 

そう。

 

 

楽天

 

 

です。

 

 

Lineは今回の仮想通貨の導入に当たり、

 

金融・保険事業への参入も発表しています。

 

 

すでに、証券や保険事業へ参入している楽天が黙ってみているとは思えません。

 

もう一つのライバルであるAmazonは仮想通貨に参入準備をしているといううわさは

 

ずっと前から流れています。

 

先手を取ったLineがどのような事業展開をしていくかは注目していきたいと思います。

 

 

セキュリティー面は大丈夫?

Lineというと、芸能人のLineが流出したと話題になりました。

 

しかし、あれは、Lineの問題で流出したわけではなく、

 

意図的に流出させた人間がいるだけで、

 

Lineの技術面やセキュリティー面には問題がありませんでした。

 

 

さらに、1月のコインチェック事件のように、

 

セキュリティー面を怠ると、大変な損害被害を被ることを、

 

間近で見ていますから、セキュリティー面の手を抜くことは

 

考えられません。

 

むしろ、セキュリティー面をしっかりアピールしてくるのでは

 

ないでしょうか?

 

 

Line Financialがいつから開始になるかは認可の関係がありはっきりしていません。

 

コインチェック事件の影響で少し遅くなるのではないかと予想されています。

 

 

このLineが仮想通貨に参入してくることによって、

仮想通貨業界も活性化してくると考えられます。

 

 

そして、Lineに続く大手企業の参入も2018年はあり得ることでしょう。

 

そうすることによって、仮想通貨自体の価値も上がってくることが考えられます。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ