仮想通貨はいくらから買うことができるのでしょうか?

仮想通貨はもはや知らない人はいないかもしれません。

 

それだけ、社会的認知も進んできています。

 

しかし、実際に、仮想通貨を購入し、生活をしている人は

 

そこまで多くはありません。

 

 

わかっているようで、わかっていないのが仮想通貨ではないでしょうか。

 

この仮想通貨、いくらから買うことができるかわかりますか?

 

 

仮想通貨はいくらから買うことができるの?

ビットコインの場合

 

仮想通貨の代表格、ビットコインで見ていきましょう。

 

ビットコインは、1枚100万円を超える金額で取引をされています。

 

ということは、ビットコインを所持しようとすると、

 

100万円以上必要なのでしょうか?

 

 

いえいえ。実は、ビットコインは、1枚~の値段ではありません。

 

最小取引単位で考えると、

 

0.0001BTC

 

これが、ビットコインを所有するのに必要な金額です。

 

 

円に換算すると、約200円です。

 

 

これ知りませんでした。

 

仮想通貨を学び始めた頃でも、

 

 

最小単位は、1枚

 

 

と思っていましたから。

 

まさか1枚を下回る金額で仮想通貨を所持できるなんて

 

知りませんでした。

 

ある意味、目に見えない仮想通貨ならではの出来事かもしれませんね。

 

 

ビットコインも、最初から今のように、1枚100万円を超えるようなことは

 

ありませんでした。

 

 

当初は、

 

「ピザと交換をした」

 

という逸話があるように、最初はビットコインも非常に価値が低かったのです。

 

 

しかし、現在では、1枚100万円。

 

億り人という言葉ができたように、

 

安い時に買っておけば、今頃は億万長者になっていたかもしれません。

 

 

いくらで買うのが正解?

 

では、仮想通貨はいくらのときに買うのが正解なのでしょうか?

 

 

実際には、正解は定まっていません。

 

言ってみれば、ビットコインもたまたま値段が上がったにすぎません。

 

この辺りは、ギャンブル的要素も含んでいるのが仮想通貨です。

 

 

今では、ビットコインやイーサリアム、

 

コインチェック事件で有名になったネム

 

など、非常に値を上げました。

 

 

今後もこのように、値をあげる仮想通貨が出てくるでしょう。

 

しかし、どれがあがるかなんて誰にもわかりません。

 

まぁ投資のプロにはわかるのかもしれませんが・・・。

 

 

実際に、安い時に買って、高い時に売るのが基本です。

 

株と同じですが、基本的に、仮想通貨の場合は、

 

買って、そのままというやり方でも十分勝負になります。

 

ただ買えばいいというものではないので、そこの見極めは重要です。

 

いくらから買えるのか、いくらなら買うのかなど、

 

自己責任で買っていきましょう。

 

 

実際、仮想通貨は根の上がり下がりが非常に激しいです。

 

あくまでも、余っているお金でしなければ、ギャンブル的要素が強すぎて

 

大変なことになってしまいますので、注意が必要ですね。

Related Post

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ