仮想通貨で出てくるICOって何?

仮想通貨においてICOという言葉はちょこちょこでてきます。

 

このICOって何なのでしょうか?

 

そして、何のためにあるのでしょうか?

 

ICOを知っておかないと、被害にあう可能性もありますよ?

 

 

仮想通貨で出てくるICOって何なのか?

ICOとは

 

ICOは、

 

Initial Coin Offering

 

の略です。

 

クラウドセールやトークンセールともいわれています。

 

 

簡単に言うと、

 

 

トークンと呼ばれる仮想通貨を発行し、

 

それを売ることで、開発費や研究費を調達する方法

 

です。

 

 

つまり、株式と同じように、

 

株式を買ってもらって、資金調達を行うという方法です。

 

 

少し乱暴な言い方をすると、

 

ICO=資金調達の方法

 

と言えるでしょう。

 

仮想通貨を発行して資金を得るという新しい方法ですね。

 

 

メリット(発行者)

発行者のメリットは、なんといっても資金調達ができる

 

これにつきます。

 

 

まぁ、資金調達のためにICOをするのですから、これができなかったら意味はありません。

 

トークンと呼ばれる仮想紙幣を発行して、資金を集め、

 

その集めた資金で研究等を行い、そこで成功をおさめ、トークンの価値を上げていく。

 

この好循環を狙って発行をします。

 

 

メリット(購入者)

購入者にとってのメリットは、

 

購入したトークンの価値が上がると購入時と売却時の差が利益となります。

 

ですから、トークンの価値が上がらなければ、逆にデメリットにもなりうるものです。

 

もし、購入したトークンが高騰すれば、億り人の仲間入りの可能性もでてきますね。

 

 

また、購入のタイミングによっては、先行セールなどで通常よりも安く手に入れることが

 

できる場合もあります。

 

さらに、トークンの購入には、応援の意味もありますね。

 

 

トークンとは?

トークン、トークンとでていますが、トークンって何なのでしょうか?

 

 

仮想通貨においてトークンの厳密な定義はありません。

 

しいていえば、仮想通貨全般をもさすトークンですが、特徴としては、

 

 

既存のブロックチェーンを用いた仮想通貨

 

 

と言えます。

 

 

つまり、作成も応用も容易にできるので発行しやすいということです。

 

そして、トークンには、必ず発行者がいますので、供給量を

 

発行者が調整することもできます。

 

 

この点で言えば、トークンは株式に近いですね。

 

 

株主のような議決権がなかったりするので、もっと資金調達の意味合いが強く、

 

発行しやすかったりという特徴があります。

 

 

ICOで注意が必要なこと

ICOで最も注意をすべきことは、詐欺です。

 

 

トークンは簡単に発行でき、また、資金調達を目的としています。

 

事業が本当に存在するのか?

 

資金を集めてドロンする業者も実在しています。

 

 

しっかりと、そのトークンを購入するべきなのかチェックをする必要があります。

 

そのチェックの仕方は、ホワイトペーパーと呼ばれる企画書が、

 

トークンにはついています。

 

このホワイトペーパーの中をよく読んで自分で確認をしたうえで購入をけんとうしましょう。

 

 

ただ、ホワイトペーパーは専門的な技術的なことが書いてあることが多く、

 

なかなか理解は難しいと思いますが、

 

自分を守るのは自分自身であることを自覚し、確認をするくらいの心構えは大切ですね。

 

 

ICOは仮想通貨が誕生して、資金調達の方法として発展してきました。

 

その分、詐欺的なものも多くなってきていますので注意が必要ですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ