これからの仮想通貨の将来性を占ってみた

 

2017年仮想通貨元年と呼ばれました。

 

億り人なんて言葉も誕生し、

 

仮想通貨の絶頂期を迎えたともいわれています。

 

 

しかし、ブームを迎えた仮想通貨ですが、

 

問題点も多くあります。

 

 

仮想通貨の将来性を考える上で、問題点を整理し、

 

将来展望を占っていきましょう。

 

 

占うと言っても、理論や専門家の見解に基づいた予測であり、

 

手相占い等といった類ではありませんのでご少々ください。

 

 

仮想通貨の将来性を占ってみよう

仮想通貨の問題点:投機目的

 

最も大きい問題点は、

 

仮想通貨は投機商品

 

としてみられている点です。

 

 

本来、仮想通貨は、世界共通の通貨として使用できるもので、

 

国際送金などを簡潔に行うために生まれた側面があります。

 

 

しかし、今はほとんどが、投機目的です。

 

 

投機目的が悪いということは全くありませんが、

 

少し偏りすぎているのが現状です。

 

 

ただ、この投機目的ではなく、実用に向けた仮想通貨も多く出ており、

 

この問題点は少し解決に向けられているのではないでしょうか?

 

 

仮想通貨の問題点:セキュリティー

 

これは、コインチェックのネム流失事件が代表的なもので言われます。

 

ただ、あの、ネム流失事件の問題点は、

 

仮想通貨NEMに問題があったわけではなく、

 

コインチェックに問題があった

 

ということです。

 

実際、ネムは他の取引所では問題なく取引できています。

 

 

また、ネムは、セキュリティー面に特に強い仮想通貨ですので、

 

仮想通貨自体に問題はないということは強く言えます。

 

 

問題は、仮想通貨取引所にあったということを

 

明らかにしておく必要があります。

 

 

コインチェックの場合は、インターネット上と切り離したところに、

 

ネムを保管していなかったために起きた問題です。

 

コインチェックに問題があったため生じた問題ですね。

 

ここのところは、それぞれの仮想通貨取引所が対策をとっています。

 

 

代表的な取引所bitFlyerのセキュリティーはコチラ

↓  ↓  ↓

bitFlyerが安心できる取引所である理由

 

 

ビットコインの将来性は?

 

ビットコインは、2018年1月に暴落しました。

 

しかし、その前が異常な高騰をしたこともあり、適正値になったという見方もあります。

 

 

ビットコインの将来性については、ライトニングネットワークが導入されるのではと言われています。

 

ライトニングネットワークをごく簡単に言うと、

 

 

今のビットコインの仕組みに影響を与えることなく、

 

情報伝達の向上可能にする仕組み

 

 

と言えるでしょう。

 

 

これにより、ブロックの生成に時間のかかっていた

 

ビットコインのブロックチェーンへの負担が減り、

 

送金速度が上がるのではないかと期待されています。

 

 

このビットコインの弱点であった、送金時間の遅さなどの問題が、

 

少し解決に向けて動くとみられています。

 

 

また、すべての仮想通貨の基準であるビットコインは、

 

安定性抜群で将来性の高い仮想通貨といえるでしょう。

 

イーサリアムの将来性は?

 

アルトコイン(=ビットコイン以外の仮想通貨)のなかでトップのイーサリアムです。

 

イーサリアムの最大の特徴は、スマートコントラクトと呼ばれる契約機能が付随していることです。

 

 

このスマートコントラクトにより、

 

「Aさんに1年後、30ETH(=イーサリアムの単位)あげる」

 

といった契約をイーサリアムに書き込んでおけば、1年後に自動的に実行してくれます。

 

 

今まで、手動だったりしたことが、今後は、自動で実行されるようになってくるのです。

 

 

イーサリアムは、通貨というよりも、このような仕組みが特徴です。

 

この特徴があることによって、契約関係は、イーサリアムが台頭してくるのではないかと言われています。

 

 

イーサリアムをもっと知って儲けたい人はコチラ

↓  ↓  ↓

イーサリアムのスマートコントラクトは未来を変える?

 

 

リップルの将来性は?

 

最後に、リップルです。

 

リップルは、アルトコインの中では、最も将来性が高いのではないかと考えています。

 

 

リップルは、国際送金を円滑かつ安く行うために開発されました。

 

リップルは、仮想通貨でありながら、中央集権的なものという特徴があります。

 

 

そして、リップルが注目かつ将来性が高いという理由は、

 

 

〇リップルを使用した、日韓国際送金の実験がスタートした

 

〇SBIホールディングスとカード会社大手がリップルのブロックチェーンと提携した

 

〇アメリカ最大の取引所「コインベース」に上場した

 

〇日本の大手銀行もリップルのシステムに参加をし始めている

 

 

と実用化に向けて、最も動きが活発になっています。

 

 

このリップルの国際送金システムなどが構築されると、

 

今まで、銀行が行っていた国際送金などは、すべてリップルに代わることでしょう。

 

手数料も無料を目指しており、さらに、即時送金が可能となれば、

 

今の銀行での国際送金システムでは太刀打ちできません。

 

これらのことより、リップルは最も将来性が高いと考えられます。

 

 

今こそリップルに注目すべきな理由はコチラ

↓  ↓  ↓

近未来の世界を動かすリップルを深く知って丸儲け

 

 

将来性の高い投機の仕方

 

最後に、初心者にお勧めしたい、長期の仕方ですが、

 

 

ガチホ

 

 

です。

 

 

仮想通貨を購入し、保有しておく。これです。

 

 

仮想通貨は、基本的に長期投機のものです。

 

年単位で保有しておくだけで、将来性豊かな仮想通貨は値上がりが期待できます。

 

 

初心者ほどガチホお勧めする理由はコチラ

↓  ↓  ↓

何も考えずにガチホをする人ほど儲けが出るカラクリ

 

Related Post

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ