仮想通貨を副業で始めても問題ない?

仮想通貨を始めるときに悩むのが、

 

「うちの会社、副業禁止なんだよなぁ」

 

っていうことです。

 

 

仮想通貨って副業なのでしょうか?

 

海外旅行用にビットコインを購入するだけで副業になるの?

 

 

さまざまな疑問が出現してきます。

 

まとめました。

 

 

 

仮想通貨で売買をして得た利益は副業になるの?

仮想通貨の利益とは?

 

仮想通貨の利益とはなんなのでしょうか?

 

仮想通貨の利益とは、

 

 

仮想通貨を売買することによって得た差額

 

 

のことを言います。ちなみにマイナスであれば利益ではなく、損益ですね。

 

 

この仮想通貨売買によって、

 

 

利益がでる=収入となる=副業??

 

 

という構図です。

 

仮想通貨で利益がでるのは、ただ単に、

 

仮想通貨を買って売ってをしただけですね。

 

 

仮想通貨は副業になるの?

 

結論的には、仮想通貨は副業にはならないという考え方が一般的です。

 

なぜなら、株への投資をしているサラリーマンはものすごく多くいます。

 

というより、専業のデイトレーダーや投資家以外は、

 

本業があって、株をしているという人がほとんどでしょう。

 

 

では、この株をしている人を「副業している」といいますか?

 

ほとんどの人は、副業ではないと答えるでしょう。

 

趣味です。という方もいるかもしれません。

 

 

これと同様に、仮想通貨の場合でも

 

仮想通貨を売買して利益を得た場合には、

 

副業とはいいにくいでしょう。

 

 

大体、仮想通貨の売買による利益を得る場合にも、

 

購入後、しばらく放置をして価値が上がった時に売るというスタンスです。

 

 

ですから、即お金になるわけではありません。

 

仮想通貨の価値がでなければ全く意味のないことです。

 

 

こう見てみると、株とギャンブルの要素を併せ持ったものが

 

仮想通貨といえそうです。

 

 

仮想通貨での利益で気を付けること

ただ、仮想通貨で利益を上げた時に気を付けていただきたいことがあります。

 

仮想通貨の利益は、

 

 

課税対象

 

 

です。

 

 

しかも、収入としては、雑収入になります。

 

年間20万円以上の本業からの収入がある場合には、確定申告をする必要があります。

 

 

この、仮想通貨での利益が大きい場合には、確定申告をしましょう。

 

 

普通、サラリーマンだと確定申告をすることなく、

 

通称:年末調整で税金の清算をしてしまいます。

 

 

ですから、確定申告をするということに慣れていない人が非常に多いです。

 

これを忘れると、追徴課税等を追加され、

 

結局損をするくらいの税金を払わなければならない可能性も否定できません。

 

確定申告を忘れずにするようにしましょう。

 

 

と書きましたが、本音は、こうじゃないですか?

 

 

「確定申告をする必要が出るくらい利益をあげたーい」

 

 

仮想通貨の売買は、副業とは言えないけれど、

 

収入によっては確定申告の必要があることは、

 

しっかりと理解しておきましょう。

 

 

仮想通貨で儲けるためにはコチラ

↓  ↓  ↓

ビットコインは儲かるの?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ