仮想通貨はもう終わり?むしろ今がチャンス!

ビットコインが2018年1月に暴落し、

 

コインチェックのネム流失事件が起き、

 

 

日本や仮想通貨業界においては、

 

2018年1月は波乱の月でした。

 

 

もともと、1月は、仮想通貨の価格も下がる傾向に毎年あるため、

 

ある程度の下落は想定されていましたが、

 

今回の暴落は予想外だったとみる人も多いようです。

 

 

これらの動きより、

 

 

「仮想通貨は終わった」

 

 

という声をよく聞きますが、

 

本当に仮想通貨は終わりなのでしょうか?

 

 

仮想通貨は本当に終わり?将来性はないの?

仮想通貨の現在の立ち位置

 

今回最も打撃を受けたのは、

 

コインチェックのネム流失事件

 

でしょう。

 

 

これにより、

 

 

「仮想通貨は怖いものだ」

 

「やっぱり危険なものだ」

 

 

という社会的イメージがついてしまいました。

 

 

しかし、このコインチェック事件で大切なのは、

 

 

仮想通貨NEMに問題があったわけではなく、

 

取引所コインチェックに問題があった わけです。

 

 

仮想通貨であるNEMについては、全く問題がなく、

 

他の取引所でも正常に取引をされています。

 

しかし、新聞などの報道では、

 

 

仮想通貨NEMがなくなった

 

 

という点が強調されすぎており、

 

あたかも仮想通貨が悪かったように認識を与えてしまいます。

 

 

この報道だけを見てみると、

 

仮想通貨は終わりなのか?と思ってしまいますが、

 

真実は、NEMには問題がなかったわけですから、

 

仮想通貨が終わりということに今回の事件は結びつきません。

 

しかし、仮想通貨の立場が不安定になっていることは確かです。

 

仮想通貨に将来性はあるのか?

では、仮想通貨に将来性はあるのでしょうか?

 

現在の仮想通貨市場は約60兆円と言われています。

 

 

すでにここまで大きくなってきた仮想通貨市場が崩壊することは

 

まず考えられなくなっています。

 

 

むしろ、まだまだ伸びしろがあると言えるのではないでしょうか?

 

 

なぜなら、あのアップル社の時価総額が約98兆円だそうです。

 

今の仮想通貨市場は、アップル1社に負ける規模なのです。

 

しかし、アップル社に近づいていることも事実です。

 

言い換えれば、まだまだ伸びしろがある市場なわけです。

 

 

ただ、日本においては、当分は慎重な流れで推移すると思われます。

 

 

しかし、世界を見てみると、

 

仮想通貨は、金(ゴールド)の代わりという意味合いが強い国も多くあります。

 

特に政情が不安定なキプロスやベネズエラでは、法定通貨ではなく、

 

仮想通貨にお金が流れてきています。

 

 

そして、規制を強めようとしてる中国においても、法定通貨ではなく、

 

仮想通貨が規制されつつもやはり抜け道などを利用しながら盛んです。

 

これは、中国という国の特性によるところもありますが、人口世界一の

 

中国がこの動きですから、仮想通貨市場に与える影響は大きいものがあります。

 

 

まとめ

これらのことより、

 

 

〇日本市場は慎重な動きで当面推移する

 

〇世界的にはゴールドの代わりとしての意味合いが強い

 

〇世界的にみても伸びしろはまだまだ十分ある

 

 

と言えるでしょう。

 

言い換えれば、

 

 

日本においては、今が買い時ということが言えます。

 

 

仮想通貨は、少しのことで、価値が上下動します。

 

今回の暴落やコインチェック事件は見逃せませんが、

 

それだけに踊らされるとせっかくのチャンスを逃すことにもなりかねませんね。

 

 

アルトコインに注目している人はコチラ

↓  ↓  ↓

アルトコインの今後はこうなる!?

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ