【2018年】仮想通貨はビットコイン以外に注目です

 

仮想通貨はビットコイン以外にも多く存在しています。

 

これら、ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと言います。

 

 

このビットコイン以外のコインであるアルトコインが注目されています。

 

 

世界には、2000種類ほどのアルトコインが存在しているともいわれていますが、

 

 

その中でも価値があるもの、価値がないもの、

 

価値が出そうなもの、どうやっても価値がなさそうなものなど

 

 

バラバラです。

 

 

日本の認可された仮想通貨取引所で扱われているのは

 

全14種類

 

 

コインチェックは、アルトコインの取り扱いも豊富だったため人気でしたが、

 

仮想通貨ネムの流失事件でほとんど業務停止状態です。

 

ここでは、ビットコイン以外のアルトコインをご紹介します。

 

 

2018年に注目すべきビットコイン以外の仮想通貨

イーサリアム

 

イーサリアムは、時価総額で第2位です。

 

ちなみに第1位はもちろんビットコインです・・・。

 

 

このイーサリアムは、ビットコインと同じ、

 

ブロックチェーンという技術で構成されていますが、

 

ビットコインより送金速度が速く、

 

スマートコントラクトという契約書付のような技術を利用しています。

 

 

スマートコントラクトとは、ある条件を設定しておけば、

 

その条件が満たされたときに自動で契約を実行・保存してくれる機能のことです。

 

このため、ビットコインより使い勝手がいい面もある人気のアルトコインです。

 

 

ビットコインとイーサリアムの関係はコチラ

↓  ↓  ↓

ビットコインとイーサリアムどちらを選んだらいいの?

 

 

リップル

 

リップルは、時価総額第3位のアルトコインです。

 

しかし、リップルには発行元があり、すこしビットコインやイーサリアムとは趣が異なります。

 

リップルの最大の特徴は、国際間送金のために作られており、送金速度が速く、

 

4秒です。

 

 

このため、みずほ銀行やりそな銀行などの大手金融機関がリップルシステムの採用を決めています

 

今は、まだ価格が低いですが、将来性あふれるアルトコインです。

 

今注目しておきたいリップルはコチラ

↓  ↓  ↓

今、リップルがキテいます!!

 

 

リスク

 

危険ではありません。仮想通貨リスクです。

 

リスクには、イーサリアムと同じ、スマートコントラクトが搭載されています。

 

 

しかし、メインチェーンのほかにサイドチェーンというダブルのブロックチェーンを引いています。

 

これによって、線路が2本あるわけですから、処理能力が向上し、ハッキング等に対応がしやくなっています。

 

実はじわじわときているアルトコインなんです。

 

 

アルトコインリスクについてはコチラ

↓  ↓  ↓

リスクにはリスクがあるの?

 

 

モナコイン

 

モナコインは、2チャンネルから発生した仮想通貨で、日本初の仮想通貨です。

 

 

日本生まれということもあって、ビットコインに次いで実店舗などで使用できます。

 

また、チップ・モナといって、チップの様にあげたりもらったりすることができます。

 

日本ではかなり人気も高くなっていますが、これが海外に波及すると、

 

一気にのし上がる可能性があります。

 

モナコインについて詳しくはコチラ

↓  ↓  ↓

今お勧めしたいのはモナコイン

 

 

ビットコイン

 

最後にビットコインははずせません。

 

ご紹介したアルトコインを購入する際に、ビットコインで購入することが多くなっています。

 

まずは、ビットコインから始めるのがいいでしょう。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ