これから伸びる仮想通貨を選ぶ時のコツ

 

仮想通貨を始めた人は一攫千金を夢見ている人も多いと思います。

 

 

しかし、実際には、2017年ほどの爆発的な伸びは、

 

今後は考えにくいと言われています。

 

 

あくまで2017年の伸びは異常であり、これから正常化していく中で、

 

それぞれの仮想通貨の適切な評価額が落ち着いてくることでしょう。

 

 

しかし、一攫千金を狙うのではなく、保有しておくことによって

 

利益を得ることは十分可能です。

 

ここでは、そんな長期保有をしていくうえで、

 

これから伸びてくる仮想通貨を選ぶ時のコツをご紹介します。

 

 

これから伸びる仮想通貨はココに注目して購入しよう

時価総額をチェック

 

仮想通貨を購入する際の目安が、時価総額です。

 

時価総額の計算式は、

 

市場の流通枚数 × 1枚当たりの単価

 

です。

 

 

つまり、

 

いくら市場に流通していたとしても、単価が安ければ、時価総額は低く、

 

あまり市場に流通していなくても、単価が高ければ、時価総額は高くなります。

 

 

現在、仮想通貨市場全体の時価総額は、70兆円と言われています。

 

 

そのうち、

 

ビットコインは、1兆42650億円となっております。

 

業界第2位のイーサリアムは、72230億円です。

 

トップでこれくらいですので、現在、マイナーな仮想通貨の場合でも、

 

それなりの値を上げることは可能ではないかと考えます。

 

 

日本の仮想通貨取引所で扱っている銘柄を買う

 

もし、伸びることを期待して現在はあまり価値のない仮想通貨を購入するよりも、

 

現在確実に伸びつつあると予想される場合には、

 

購入し、そのまま塩漬けにしておきます。

 

 

なぜ、日本の仮想通貨取引所がよいのでしょうか?

 

その理由は、

 

海外の草コインと呼ばれる、日本で取り扱っていない仮想通貨の多くは

 

海外の取引所でしか購入できません。

 

 

しかし、海外の取引所で、草コインを購入しようとすると、

 

ビットコインでの支払いとなっています。

 

ですから、まずは、ビットコインを購入しておく必要があります。

 

ビットコインを購入しておいて、その後、今後の成長を期待する仮想通貨へ投資をしてください。

 

これを忘れると購入のタイミングを逃すことになりますので注意が必要です。

 

 

究極のコツ

 

基本的には、仮想通貨はどれも伸びることが予想されています。

 

 

特に、現在の主流となっている、

 

ビットコイン

 

イーサリアム

 

ネム

 

なんかは安定しています。

 

そして、スタート価格が高くなっています。

 

ちょっと手が出しにくくなっています。

 

そして、無理をして手をだしても得られるものは減ってきているので、

 

基本的には上位は買わない方がいい場合が多いです。

 

しかし、人気上位でもおすすめをしたい銘柄があります。

 

 

リップルです。

 

リップルは、銀行と手を組んでおり、送金に特化した仮想通貨です。

 

そのため、現在、銀行とで実験が開始されています。

 

実用化に向けた動きも活発で、実際にこれが実用化された日には、

 

リップルは爆発的な値をあげることが予想されています。

 

 

もし、よくわからずに購入するなら、リップルで持ち続けておくことが大切です。

 

 

リップルの将来はコチラ

↓  ↓  ↓

今、最も熱い仮想通貨は「リップル」なの??

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ