アルトコインのリスクは2018年には目を離すな!

 

仮想通貨は、ビットコインとそれ以外とで名称が分かれています。

 

ビットコインはそのまま「ビットコイン」

 

ビットコイン以外の仮想通貨のことを「アルトコイン」

 

と呼びます。

 

 

ビットコインは高騰しすぎて儲けるにしても儲けるためには金額が高すぎるので、

 

今ではアルトコインが注目です。

 

 

そして、今注目されてるアルトコインが「Lisk  (リスク)」です。

 

2018年チェックすべきアルトコイン「リスク」とはどんなものなのでしょうか?

 

 

アルトコイン「LISK(リスク)」は2018年なぜ注目なのか?

リスクとは?

 

LISKは2016年5月24日に初めて公開されました。

 

 

リスクの特徴的なのは、普通、仮想通貨に設定される発行枚数上限が、

 

このリスクにはありません。無制限です。

 

 

しかし、発行枚数は、徐々に抑えられるようになっているので、

 

ペースが落ちて発行されるという形になっています。

 

 

リスクの特徴

 

リスクはJavascript言語で作成されています。

 

このJavascriptは、一般的なプログラマーなら必ず聞いたことがある、

 

ごくごく一般的なプログラム言語のことです。

 

どうやら、世界中のウェブサイトはこの90%を超えるページが、

 

このJavascriptを使用しています。

 

これによって、プログラマーやエンジニアから注目を浴びています。

 

誰もが知っている言語だから外からも参入しやすいということはあるでしょう。

 

さらに、リスクには、スマートコントラクトを搭載しています。

 

これにより、色々な情報や契約事項をリスクに載せることができ、

 

非常に便利になります。

 

 

スマートコントラクトについてはコチラ

↓  ↓  ↓

スマートコントラクトってなんのこっちゃ?

 

 

そして、もう一つのリスクの大きな特徴は

 

ブロックチェーンに親と子のそれぞれを用いて、親チェーンと

 

子チェーンにわかれます。

 

 

特にリスクが優れているのは、万が一ブロックチェーンに問題となるような

 

自体が発生した場合には、このサイドチェーンに書きこみをしたり、切り離したりを

 

繰り返しています。

 

 

なぜ2018年リスクは注目なのか

 

ではなぜ2018年はリスクが注目されるのでしょうか?

 

 

このチャートをみていただければわかるように、

 

2017年後半からかなり価格が高騰しています。

 

この流れは当面続きそうです。

 

 

もひとつの理由は、日本国内の仮想通貨取引所で取り扱っていることもあります。

 

今は、bitFlyerがアルトコインが取り扱いを開始したこともあり、

 

ますます人気は高まっていきます。

 

 

今勢いの最もあるアルトコイン「リスク」は今のうちに購入し、

 

保有しておくだけでかなり将来的にわたっては利益が出るのではないかでしょうか?

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ