仮想通貨は発行枚数が決まっているから価値がある?

仮想通貨になぜ価値が見出されているのでしょうか?

 

 

それは、仮想通貨には発行枚数が決まっているからです。

 

 

つまり全体の数が決まっているので、

 

その中の取り合いが起こり、

 

需要と供給のバランスで価値が上がっていくのです。

 

 

詳しく見ていきましょう。

 

 

仮想通貨は発行枚数が決まっているのはなぜ?

ビットコイン

 

仮想通貨の代表的なビットコインで見てみましょう。

 

 

ビットコインは、発行当初から、

 

 

総数2100万枚

 

 

と決まっています。

 

 

現在、約1700万枚の発行が終了しています。

 

 

ビットコインの場合、発行当初は誰も欲しがらないような存在でした。

 

しかし、今では、誰もが欲しがる存在へ変貌しています。

 

 

それは、ビットコインに価値があると認められているからです。

 

そしてビットコインには数に限りがあるということが拍車をかけています。

 

 

なんか、数が決まっているって言われると焦りませんか?

 

 

日本人は、

 

 

限定品

 

 

という言葉に弱い民族だと言われています。

 

地方限定

 

空港限定

 

って文言が付くだけで長蛇の人だかりになります。

 

 

ビットコインにおいても日本での人気は高くなっており、

 

取り合い状態になっていますね。

 

 

数が限られているというと欲しくなる

 

他の人が持っていると欲しくなる

 

 

日本人は、仮想通貨に向いている民族なのかもしれません。

 

 

発行枚数が決まっていない仮想通貨

仮想通貨は発行枚数が決まっているから価値があるといいましたが、

 

アルトコインの中には、発行枚数が決まっていないものもあります。

 

時価総額2位のイーサリアムは上限が決まっていません。

 

 

しかし、イーサリアムは、ビットコインにない

 

スマートコントラクト

 

があり契約書としての機能を果たしています。

 

 

このため、仮想通貨としての価値は高くなっています。

 

 

イーサリアムの場合、ビットコインと異なり、発行上限が設定されていないため、

 

ビットコインの様に高騰することは考えにくいと言わざるを得ません。

 

 

発行枚数が増えれば増えるほど、1枚当たりの仮想通貨の価値は下がります。

 

これは、時価総額を発行枚数で割ったものが1枚当たりの仮想通貨の価格になるためです。

 

このため、ビットコインとイーサリアムでどちらが希少価値が高いかという観点でみれば、

 

ビットコインの方が高いということになります。

 

 

発行枚数が多い仮想通貨

同様に、発行枚数が決まっているものの、上限が高く設定されているものもあります。

 

 

人気の仮想通貨で言えばリップルがこれにあたります。

 

 

リップルの発行上限枚数は、1000億枚です。

 

ビットコインの5000倍です。

 

 

つまり、リップル1枚がビットコイン1枚と同様の価値を見出すには、

 

今の価値の5000倍あがらなければ追い付かないということになります。

 

 

これはリップルの価値が低いというわけでも

 

ビットコインが価値が高いということではなく

 

 

そのようにプログラムされているということです。

 

しかし、発行上限が決まっているため、価値は保持されることでしょう。

 

 

 

仮想通貨は、発行上限枚数が決まっていますが、

 

発行されたすべてが流通し続けるわけではありません。

 

 

所有者の死亡や

 

パスワード紛失 など

 

 

一定数は流通することなく消失してしまうものもあります。

 

 

つまり、仮想通貨で発行枚数が決まっているものは、

 

徐々に減っていく

 

わけです。

 

 

このため、その仮想通貨の価値を保持しているということも言えます。

 

 

今後は、時価総額が上がれば、仮想通貨の価値は上昇します。

 

それは発行上限が決まっていても決まっていなくても同様です。

 

 

しかし、ビットコインの発行枚数は極端に少ないので、

 

他の仮想通貨がビットコインの様に価値が高騰することは考えにくいでしょう。

 

しかし、価値の上昇はこれからも続くと思われますので、チェックをしていきましょう。

 

 

ビットコインの今後についてはコチラ

↓  ↓  ↓

ビットコインの将来は明るい??

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ