イーサリアムとリップルだったらどっちを買うべき?

 

アルトコインの代表格である

 

イーサリアムとリップル

 

ですが、どちらも特徴ある仮想通貨です。

 

 

ビットコインが高値になってしまい、

 

投資としてもなかなか手が出せなくなっています。

 

 

そのため、今はアルトコインがねらい目です。

 

このイーサリアムとリップルとでは、

 

どちらを購入しておくべきなのでしょうか?

 

 

イーサリアムとリップルはどちらを買うべきか?

イーサリアとリップルの共通点

 

イーサリアムもリップルも将来性は明るいと言われています。

 

それは、この2つの通貨には、明確な使用用途があり

 

すでに実用化に向けて動き出しているからです。

 

 

そして、2018年は実際に利用される可能性がある仮想通貨と、そうでない仮想通貨とが分別され、

 

価格上昇とそうでないものとわかれると言われています。

 

しかし、実用性に向けて動いているこの2つの通貨は問題ないでしょう。

 

 

イーサリアム

クリックすると新しいウィンドウで開きます

イーサリアムは、時価総額第2位の仮想通貨です。

 

ビットコインのブロックチェーン技術を用いていますが、

 

それに加えて、スマートコントラクトという技術が搭載されていることが、

 

最大の特徴です。

 

 

そのため、ビットコインよりも複雑な情報を仮想通貨自体に乗っけることができるので、

 

契約書としての機能もはたすことができるようになっています

 

 

さらに、マイクロソフトやIBM、サムスン、トヨタなどの世界の大企業が、

 

イーサリアムをどのように活用していくのか取り組む連合に参加をしています。

 

 

特に、このスマートコントラクトは、取引の契約情報を自動的に保存をします。

 

しかも、この情報が書き換えられることはありません

 

 

つまり、イーサリアムを使えば、紙でやり取りをしてきたような契約書は必要なくなり、

 

銀行の送金なども自動的かつ永久に保存をされることになります。

 

また、ビットコインより処理が速いため、ビットコインよりも幅広く使われる可能性があります。

 

 

リップル

リップルは、ビットコインの弱点を改良し、かつ、送金のために作られています。

 

このため、国際送金でも決済まで、

 

わずか4秒

 

で完了します。

 

 

ビットコインはブロック生成に10分かかりますので、

 

送金も10分かかります。

 

 

リップルならその間に2件送金できますね。

 

 

ビットコインの場合、10分送金にかかってしまう間に、相場が動くことも十分考えられます。

 

あまり、ビットコインは送金には向いていないのかもしれません。

 

 

しかも、銀行を介せば、手数料がかなりかかるところが、リップルはわずかな手数料で完了します。

 

さらに、将来的にはリップルは送金の無料化を目指しています。

 

 

イーサリアムとリップルの価格はどうなる?

どちらの仮想通貨もアルトコインの中では地位が高くなっています。

 

それは、世界の企業や銀行も注目し、活用に向けて協力をしているからです。

 

 

このため、この2つの仮想通貨においては、短期的に下落する可能性はありますが、

 

長期的に見れば、間違いなく上昇してくるでしょう

 

 

さらに、実用化をされれば、もっと上昇してくると思われます。

 

規制をされてくるのではないかという見方もありますが、メリットの方が大きいので、

 

それは考えにくいと思われます。

 

 

イーサリアムとリップルどっちを買うべき?

性格と用途の異なるこの2つの仮想通貨ですが、

 

個人的には、今はリップルが優位ではないかと思います。

 

 

イーサリアムは発行上限が決まっておらず、いわゆるデフレになる可能性もないとは言えません。

 

リップルは1億5000万枚と上限が決まっているため、その分価値が高められやすくなっています。

 

どこで購入するのがいいの?

イーサリアムもリップルもアルトコインなので、どこでもというわけにはいきません。

 

 

今なら、GMOコインで両方の通貨が購入でき、手数料も無料なのでおすすめです。

 

 

口座開設に数日かかりますので、購入を検討している人は、

 

まずは、無料の口座開設をしておきましょう。

 

 

GMOコインの詳しい情報はコチラ

↓  ↓  ↓

GMOコインは登録しておくべき取引所か?

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ