ビットコインを現金化する簡単な方法

ビットコインは、あくまで仮想通貨です。

 

ビットコインで決済できるネット通販や実店舗であれば、

 

そのまま使用できますが、

 

通常は、日本円に換金をして使うようになります。

 

 

ビットコインが投資目的の人にとっては、

 

ビットコインが換金できなければ何の意味もありませんよね。

 

ここでは、ビットコインを現金化する方法をご紹介します。

 

 

ビットコインを現金化するにはどうすればいいの?

取引所で換金

 

簡単かつ、最も安全確実な方法です。

 

ビットコインを購入するときには、取引所で購入されたかと思います。

 

 

取引所は、銀行と同じような扱いですから、

 

売却もでき、その結果、日本円に現金化することもできます。

 

 

自分のビットコインを保管しているウォレットから、取引所へ送付します。

 

そして、取引所から送られてくる受取用アドレスなどを入力し、

 

受け取ったビットコインを換金することになります。

 

そうすると、登録している口座に換金された日本円が振り込まれます。

 

字面で見るとわかりにくいですが、実際にやってみると単純です。

 

 

また、取引所は、ビットコインの売買ができるわけですから、

 

ビットコインが欲しい人

 

ビットコインを売りたい人

 

がいます。

 

これらの思惑が一致して取引完了となるわけです。

 

実際には、取引所が行うので、個人対個人になることはありません。

 

 

取引所以外での換金

 

取引所以外でも換金をする方法はあります。

 

 

個人対個人

 

方法としてはあります。さらに、取引所を利用すると発生するはずの手数料が、

 

個人対個人の場合は、当然のことながら発生しません。

 

最も無駄のない取引ということができるでしょう。

 

 

しかし、問題は、

 

売りたい人

 

買いたい人

 

出会い、それぞれが交渉するための方法が乏しいということです。

 

もちろん、取引の相手に常識がある=詐欺師ではないなどという保証もありません。

 

よっぽどのことがなければ、直接交渉は避けた方がよいでしょう。

 

 

ATM

 

東京の六本木・渋谷・中野などに設置してあるATMを使用する方法があります。

 

ただし、ATMの場合は、手数料がやや高めに設定されています。

 

また、地方には、ビットコインのATMはおろか、銀行のATMさえ探すことが難しい

 

ところもあります。

 

ATMは東京など都市部の人に限られた利用法になりますね。

 

 

こう考えると、コンビニATMってとても便利ですよね。

 

地方に行くとよりそのありがたみがわかります。

 

ビットコインなど仮想通貨も、今後、普及が進めば、コンビニATMなどで

 

換金することも可能になるかもしれません。

 

 

換金しなくてもビットコインがそのまま使える実店舗はコチラ

↓   ↓   ↓

ビットコインが使える実店舗は存在する!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ