ビットコインは今後も値上がりをしていくのか?

2017年は仮想通貨元年といわれました。

 

その仮想通貨ブームをけん引したのは、

 

仮想通貨のトップを独走するビットコインです。

 

 

ビットコインは、仮想通貨の60%を超えるシェアを誇っています。

 

このビットコインですが、2017年には考えられない値上がりをし、

 

また、年末から2018年にかけて、考えられない暴落をしました。

 

今後、ビットコインは値上がりをするのでしょうか?

 

 

ビットコインは今後値上がりをしていくのか?

2017年なぜ値上がりをしたのか?

 

今後のことを予測する前に、なぜ2017年にビットコインは値上がりをしたのでしょうか?

 

それは、単純に

 

ビットコインを欲しがる人が爆発的に増えたから

 

です。

 

 

では、なぜ、みんなビットコインを欲しがったのでしょうか

 

それは、投資としての目的で購入したからです。

 

 

もっと突っ込んで言うと、

 

ビットコインを今後多くの人が欲しがるので、今のうちに購入しようとしたわけです。

 

 

2017年にはビットコイン以外でもこのような光景が多く見られました。

 

庶民的なところでいうと、

 

北海道へ台風が複数回上陸し、農作物に被害が出たため、

 

ポテトチップス用のじゃがいもがなくなり、店頭からポテトチップスが消えました。

 

特にピザポテトが。

 

 

そして、そのピザポテトが、オークションに出品されたりしました。

 

 

同様に、東日本で販売終了が発表された、明治製菓のカールも

 

東日本での買い占めが発生し、オークションへの出品がありました。

 

 

これらのように、2017年は

 

欲しがりの年

 

だったように感じます。

 

お菓子とビットコインを同列に扱ってはいけませんが、

 

理由としては似たようなものだと思いませんか?

 

 

今後ビットコインは値上がりをするのか?

 

 

結論から言うと、

 

誰もわからない

 

です。

 

 

しかし、傾向としては、値上がりをするのではないかと考えます。

 

ただし、2017年のような異常な値上がりはありえません。

 

 

なぜなら、みんなビットコインの存在を知ってしまったからです。

 

 

ですから、今までのように、ミーハー的な、よくわからないような人が

 

ビットコインを購入したりしていましたが、2018年は、慎重派の人が

 

参入してくると考えます。慎重派は、高額投資は行いませんので、

 

そこまで爆発的な値上がりは考えにくいです。

 

 

しかし、一方で、値下がりについては心配をしています。

 

2018年初頭のビットコイン暴落は激しいものでした。

 

株でも、こんな1日2日で価値が乱高下することはありません。

 

ビットコイン暴落の怖いところは、直接的な要因が見つからないということです。

 

これは、仮想通貨全般に共通していえることですが、価値の上がり下がりが激しく、

 

人々のちょっとした動きで一気に流れがくることを意味しています。

 

つまり、噂のようなものにでもビットコインの場合、価値の下落が予想されるということです。

 

 

言い換えれば、

 

ビットコインの社会的立ち位置や存在が認められてきた

 

ということでもあります。

 

 

しかし、これだけ乱高下する市場ですから、

 

ビットコインは、まだまだ存在も含めて不安定である

 

ということが言えます。

 

 

このことを知って、ビットコインと付き合っていく必要がありますね。

 

もちろん、仮想通貨はビットコインが有名ですが、

 

ビットコイン以外のアルトコインでも同じようなことが考えられます。

 

アルトコインについても知っておこう

↓   ↓   ↓

アルトコインって何なの?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ