ビットコインで支払いをするのはメリットがあるの?

ビットコインはもともと、支払いなどの通貨としての役割を目指していました。

 

しかし、現在は、投資目的での売買が中心となっており、

 

その結果、1年間で200倍という高い倍率での価値が付与されてしまいました。

 

 

そんなビットコインですが、支払いで使うことに対してのメリットをご紹介します。

 

 

ビットコインで支払いをするメリットは何??

直接送金

 

ビットコインは、個人へダイレクトに送金をするシステムです。

 

つまり、今までは、銀行を間に通して、お金の送金をしたりしていました。

 

そのため、手数料など意外と馬鹿にできない金額が設定されています。

 

また、一見安全性は高そうですが、ホストコンピューターが間に入るため、

 

ホストコンピューターを狙ったサイバー攻撃などがあれば、

 

一発でやられてしまいます。

 

 

しかし、ビットコインなど仮想通貨は、ホストコンピューターのような仕組みではありません。

 

個人から個人へ直接やり取りをします。

 

つまり、街中などで面と向かって会ってそこで、支払いを行うのと同じことです。

 

ですから、安全性とコストは、ホストコンピューターがない分、はるかに格安で

 

取引を行うことができます。

 

これは、魅力的ですよね。

 

ホストコンピューター経由の場合は、意外に手数料が高くてびっくりしました。

 

 

ビットコインの購入時の価値より上がる可能性

 

ビットコインの場合、そのコインそのものの価値が相場によって上下動します。

 

つまり、前述したように、ビットコインの価値は1年間で200倍も上がったわけですから、

 

ビットコインで儲かった人も多くいるわけです。

 

では、これを日本円にして支払えばいいじゃないかという声もありますが、

 

ビットコイン→日本円にするときに手数料を取られます。

 

ですから、ビットコインのままでビットコインが使用できるところで支払いをすることが、

 

最も効率的かつ損をしないやり方になります。

 

また、このことは、海外とのやり取りでも有効です。

 

海外では、ビットコインそのものが使用できる店舗も日本よりも多く、

 

ビットコインでの支払いの方が、最終的には安く済む場合が多くなっております。

 

こうやって見ると、ビットコインってやはり価値が高くなっていることがよくわかります。

 

ビットコインの場合、ビットコインそのものの安全性は非常に高くブロックチェーンで

 

完全防御しており問題がありません。

 

問題となるのは、取引所です。

 

大体、ビットコインのセキュリティーは異常がないとなると、

 

次にトラブルが考えられるのが、取引所です。

 

取引所を安全性が高いところにすれば、ビットコインは問題なく支払いなどに使えますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ