5分でわかるビットコインとビットコインキャッシュの違い

ビットコイン

 

ビットコインキャッシュ

 

 

何が違うのでしょうか?

 

 

仮想通貨について学び始めた時に一番最初に感じた疑問です。

 

違うの??

 

こんな私と同じレベルの初心者がわかるビットコインとビットコインキャッシュの違いを

 

解説します。

 

 

ただし、ごく初心者が5分でわかるように解説したものですから、

 

かなりの部分を省いています。

 

もっと知りたい人は詳しく解説してあるサイトを確認してください。

 

 

ビットコインとビットコインキャッシュの違いは何か?

ビットコイン

 

ビットコインは2009年に誕生した仮想通貨です。

 

今では、仮想通貨の60%のシェアを誇っています。

 

もう、仮想通貨の代名詞といってもいいでしょう。

 

 

このビットコインは、実店舗などでも使うことができるようになっています。

 

ビックカメラやコジマ・ソフマップでも使用できる店舗があり、

 

ヤマダ電機が参集してくることが発表されました。

 

 

もう、ビットコインは通常の貨幣と同じような価値を持つ存在として、

 

社会的認知が進んできています。

 

 

しかも、ビットコインの価値は、どんどん上がり、暴落したと言われていますが、

 

それでも100万円前後を推移しています。

 

ビットコインの場合は、これだけのシェアと価値が認知されているため、

 

今後破綻するということはないでしょう。

 

しかし、今までの様に、価値が急激に上がるということもないと思われます。

 

 

ビットコインキャッシュ

ビットコインから分裂する形で2017年8月1日に誕生しました。

 

ビットコインキャッシュは、ビットコインの欠点を改善する形で改良されたものです。

 

普通、改良されたのであれば、ビットコインキャッシュの方が、

 

シェアをとるように思われますが、実際にはそうはなっていません。

 

 

改良点は、

 

取引速度をあげるようにした

 

点が一番です。

 

これがうまくいっていないんですね。

 

詳細は省略しますが、このビットコインキャッシュはあまりうまくいっていないようです。

 

 

ビットコインとビットコインキャッシュの関係

ビットコインキャッシュはビットコインから分裂しました。

 

ですから、親戚関係にあると言えます。

 

 

しかも、ビットコインを所持していた人は、ビットコインキャッシュを

 

ビットコインと同量がタダでもらえたのです。

 

 

なんてうらやましい。

 

 

ビットコインはブロックチェーンという取引履歴をすべて記録し不正ができないようになっています。

 

 

ブロックチェーンとは?

↓  ↓  ↓

簡単解説ブロックチェーン

 

 

このブロックチェーンを分岐させて誕生したのがビットコインキャッシュです。

 

 

しかし、この分岐は2度と戻ることはありません。

 

 

ですから、ビットコインとビットコインキャッシュは全く異なるものとして扱われます。

 

実際に異なるものですしね。

 

価値もビットコインとビットコインキャッシュでは異なります。

 

 

結局、ビットコインとビットコインキャッシュは分裂をしましたが、

 

正直、あまり意味はなかったものと考えられています。

 

ビットコインキャッシュの将来性はわかりませんが、得体のしれない仮想通貨よりは、

 

正体もはっきりしているのでいいのかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ