2018年のビットコインはうかうかしていられない

ビットコインが昨年は大ブレイク(?)しましたね。

 

 

仮想通貨=ビットコインのように言われますが、

 

2018年はビットコインがどうなるのでしょうか?

 

 

仮想通貨業界は、ビットコイン中心で回っています。

 

ビットコインに連動して値が上下動する仮想通貨は多いです。

 

ここでは、2018年のビットコインについて考えてみましょう。

 

2018年のビットコインはどうなる?

ビットコインの安定性

 

ビットコインは仮想通貨の先駆者ですが、

 

安定性も抜群です

 

 

それは、ブロックチェーンに代表される技術の高さにあります。

 

 

また、ビットコインから分裂したビットコインキャッシュも、

 

分裂当初は、ビットコインを抜くのでは?と言われましたが、

 

実際には、ビットコインを抜くような勢いは全く見えません。

 

 

アルトコイン(=ビットコイン以外の仮想通貨)も躍進をとげていますが、

 

やはり、ビットコインの優位性は動きません。

 

 

それは、すべての取引所で扱われていることからもわかります。

 

 

ビットコインが基準

アルトコインを扱っている取引所では、

 

必ずビットコインを扱っています。

 

 

しかも、マニアックなアルトコインを購入する際に、

 

日本円ではなく、

 

ビットコインで決済をすることが普通

 

になってきています。

 

 

これは、仮想通貨業界が、ビットコインがすべての大元である

 

ことを意味しています。

 

 

つまり、ビットコインの価値が、仮想通貨業界では、

 

完全に認められていて、ビットコインありきで

 

すべての仮想通貨に関することが回っているということです。

 

 

これって実はすごいことなんですよね。

 

言い換えれば、ビットコインがなくなったりしたら、

 

仮想通貨すべてが意味がなくなってしまうほどの

 

影響力をビットコインは有しているというわけです。

 

 

これだけのビットコインですが、2018年はどうでしょうか?

 

 

ビットコインのこれから

ビットコインは、2017年に1BTC=200万円を超える価値をつけました。

 

この流れが、2018年も続くかというと懐疑的です。

 

 

2017年に信じられないほどの価値をたたき出したビットコインですが、

 

あれは、2017年が異常だったと言わざるを得ません。

 

普通に生活をしていて、1BTC=100円だったものが、1BTC=200万円になることって

 

あり得ません。

 

 

これは、2017年が仮想通貨元年と言われるくらい、仮想通貨全体が伸びたことによる

 

ものです。

 

 

2018年は、そこまでの仮想通貨全体の伸びは期待できず、成熟期に入ります

 

このため、ビットコインに2017年ほどの伸びは期待できないでしょう。

 

 

しかし、暴落が続くかというと、これも懐疑的です。

 

それは、今の仮想通貨業界が、ビットコイン中心に回っているからです

 

 

ビットコインの価値が暴落すれば、連動して、ほぼすべての仮想通貨の価値が下がります。

 

それは、仮想通貨が成り立たない事態にもなりかねません。

 

 

ここまで仮想通貨が一般の通貨として使用できるようになってきた現実を考えると、

 

ビットコインは価値が下がることはあっても、ある一定で下げ止まり、

 

値動きが落ち着くのではないかと予想されています。

 

 

つまり、今ビットコインを購入することは見合わせた方が得策ではないでしょうか?

 

(あくまで私見ですので自己責任でお願いします。)

 

 

ビットコインの価値に左右されにくい仮想通貨はコチラ

↓  ↓  ↓

アルトコインを一つだけ勧めるならコレ

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ