ビックカメラでビットコインを使うメリットは?

ビットコインが、ビックカメラやビックカメラ.comで使えます。

 

 

これは、ビットコインが実際の通貨と同じような価値を与えられたようで、

 

また、実際に使うことができることによって、価値が現実味を帯びてきます。

 

 

ただ、実際に使うとなるとどうしたらいいのか迷いませんか?

 

ビットコインをビックカメラで利用することのメリットをまとめました。

 

 

ビットコインをビックカメラで使うメリットは?

現金を持ち歩かなくてもすむ

 

ビックカメラでの買い物の場合、金額が高くなりがちです。

 

これを現金で支払うためには、大金を持ち歩かなくてはなりません。

 

これは不用心ですよね?

 

 

しかし、ビットコインで支払いをする場合には、

 

スマホにアプリを入れてその中に、自分のビットコインを入れておけば、

 

スマホが財布代わりになってしまいます。

 

おサイフケータイみたいですね。

 

 

クレジットカードと異なりすぐに決済が完了する

クレジットカードとビットコインは似ているようにも感じるかもしれませんが、

 

クレジットカードは、後日決済となり、それまでに残高確認などが必要です。

 

しかし、ビットコインの場合は、決済をするとその時点で、

 

所有のビットコインが消費されますから、あとから慌てるといったことはありません。

 

 

今持っているビットコインがすべてですから、使いすぎることができません。

 

これは、メリットとデメリットの両面がありますが、メリットの方が大きいと思います。

 

 

ポイントがデビットカードより高くつく

現金決済と同じように、その場の銀行口座から支払いが可能な、

 

デビットカード。

 

 

このデビットカードで決済をすれば、クレジットカードと異なり、

 

後から残高の心配をする必要はありません。

 

しかし、このデビットカードで決済をすると、

 

ビックポイントは 8% 還元です。

 

 

一方、ビットコインで決済をすると、対象商品のみになりますが、

 

10% 還元です。

 

 

家電などは、金額が高額となるため、この2%の差はかなり大きくなります。

 

 

投資の利益で買い物ができる

ビットコインを投資目的でしている人には、投資で得た利益で

 

ビックカメラで買い物ができます。

 

 

これは、気分もいいですよね。

 

 

つまり、1枚=20万円で購入したビットコインが、

 

1枚=80万円になったとしたら、この差60万円で買い物ができます。

 

 

実際には、税金の関係があり、丸ごと使用するわけにはいきませんが、

 

お得に買い物ができることには間違いありません。

 

 

国外からの観光客の為

ビックカメラも、ビットコインで決済可能にしたのは、

 

「訪日観光客需要を取り込むため」

 

と公式にアナウンスをしています。

 

 

ビットコインなど仮想通貨は、その国の為替とは一致しないため、

 

価値が世界的にはある意味一定です。

 

ですから、

 

日本円に替える手間もなく、

 

価値も一定であるため、

 

 

海外からの観光客の購買ハードルを下げることができる

 

 

というわけです。

 

 

これは、私たちにとっては、海外へ行ったときに同様のことが言えます。

 

これはとっても大きなメリットですよね。

 

 

このように、ビックカメラでビットコインを使うには様々なメリットがあります。

 

しっかりと考えて使っていきたいですね。

 

 

ビットコインをビックカメラで使うデメリットはコチラ

↓  ↓  ↓

ビックカメラでビットコインを使う前にデメリットも知ろう

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ