アルトコインの種類をまとめてみました

アルトコインは、ビットコイン以外の仮想通貨のことです。

 

そんなアルトコインですが、現在2000種類以上のものが存在しています。

 

 

2000種類ものアルトコインを全部紹介するのは意味がないので、

 

代表的なものを見てみました。

 

 

アルトコインは、これからもどんどん増えていくでしょう。

 

そして、どんどん淘汰されていくことになると思われます。

 

代表的なアルトコインをみていくと、ビットコインとの違いが見えてきます。

 

 

アルトコインの種類から特徴をみてみよう

ビットコインキャッシュ

 

まず、ビットコインから分裂してできたビットコインキャッシュです。

 

ビットコインキャッシュは、ビットコインから2017年8月1日に分裂して

 

誕生しました。

 

 

ビットコインキャッシュは、他のアルトコインと成り立ちが異なります。

 

もともとはビットコインでしたから、ビットコインを分裂時に所有していた人には、

 

同量のビットコインキャッシュが自動付与されました。

 

うらやましい限りです。

 

 

そして、ビットコインキャッシュが分裂した理由は、

 

 

ビットコインが情報を保存するためのブロックが小さすぎる

 

 

からです。

 

ですから、ビットコインキャッシュは、ブロックの大きさが、

 

ビットコインの8倍です。

 

このため、処理も少し早くなり、使い勝手がよくなりました。

 

 

ビットコインより早く処理ができて優秀ならもっと流行っていいと思いません?

 

しかし、実際には、ビットコインキャッシュはビットコインほどの伸びを示していません。

 

理由は、

 

 

採掘(マイニング)の報酬がすこぶる安い

 

 

からです。

 

 

同じマイニングをするなら報酬が高い方がいいじゃないですか!

 

 

採掘(マイニング)についてはコチラを参照してください

↓  ↓  ↓

超初心者でもわかる採掘(マイニング)

 

 

労力は少し違うとはいえ、やることは同じなのに報酬が安いときたら

 

あまりやりたくなくなるのが人間です。

 

このため、あまりはやっていないわけです。

 

 

イーサリアム

 

アルトコインの代表格がイーサリアムです。

 

現在、ビットコインについで、時価総額第2位です。

 

イーサリアムの特徴はなんといって、

 

 

スマートコントラクト

 

 

です。

 

 

通常、仮想通貨でも、お金の支払いで終了をします。

 

しかし、このスマートコントラクトがついているイーサリアムでは、

 

お金の支払いと同時に契約書の締結もすることができるんです。

 

 

実に楽ちんじゃありませんか?

 

 

しかも、ブロックチェーンシステムで、過去を改変することはできませんから、

 

契約書の効力としては絶対的です。

 

このように情報のやり取りの量が増えても大丈夫なのがイーサリアムです。

 

 

リップル

 

リップルの特徴は、

 

 

仮想通貨のくせに中央システムがある

 

 

ということです。

 

リップルは、もともと銀行等との取引をスムーズにするために開発されました。

 

このため、国際送金などに向いている通貨だと言えます。

 

国際的に発展が見込めそうなのがリップルです。

 

 

特徴的な3つのアルトコインを見てみました。

 

そこで感じるのは、やはり、仮想通貨の基準はビットコインなんだなぁということです。

 

ほとんどがビットコインと比べて〇〇だね。

 

などいうことが多かったのですが、最近では、アルトコイン自身に

 

力がついてきたのが、それぞれの特徴を軸に購入をする人がふえてきているようです。

 

 

資金投資は無理をせずに余裕のあるお金でやることをおすすめします。

 

 

ビットコインとイーサリアムはどう違うの?

↓  ↓  ↓

ビットコインとイーサリアムだったらどっちが買い?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ