アルトコインのリスクはどんなものがあるのか

アルトコインにはリスクがつきものです。

 

 

仮想通貨全般にいえることですが、

 

ビットコインよりアルトコインのほうがリスクが高くなるようです。

 

 

ここでは、アルトコインのリスク(risk)

 

仮想通貨のリスク(Lisk)

 

を見ていきましょう。

 

 

アルトコインのリスクとは?

アルトコインのリスク(risk)

 

アルトコイン全般のリスクは、

 

 

価値が上がるか下がるかわからない

 

というものです。

 

 

もう少し範囲を狭めていうと、

 

 

アルトコインの場合、価値が上がらない可能性もある。

 

 

ということです。

 

 

価値が上がらないとどうなるのでしょうか?

 

価値が上がらないと、投機目的で購入されていた場合はメリットが全くありません

 

何のためにアルトコインを購入したのかわかりませんね。

 

 

アルトコインの最大のリスクは価値が上がらないことですね。

 

 

アルトコインのリスク(lisk)

アルトコインには、リスク(lisk)という名前の仮想通貨があります。

 

特徴を見てみましょう。

 

 

リスクは、3つの特徴があります。

 

 

1つ目は、Java scriptを開発言語としていることです

 

このJava scriptは一般的なプログラムでも使われます。

 

つまり、一般的な言語なんです。

 

このJava scriptを使って、リスクの改変などが多くの人でも可能となります。

 

これによって、リスクがより完成度の高いアルトコインになる可能性を秘めています。

 

 

2つ目は、サイドチェーンを採用していることです。

 

サイドチェーンとは、ブロックチェーンの横に、書き込みができるようにしたものです。

 

ですから、この横の部分については、過去へさかのぼっての書き込みが

 

可能となりました。

 

 

ブロックチェーンは過去は絶対的に変えることができません。

 

しかし、リスクであれば限定的ではあるものの、書き込みが可能ということは、

 

決定的な違いですね。

 

 

3つ目は、発行枚数に制限がないということです。

 

 

これでは、どんどんと発行され続けてしまい、

 

インフレを引き起こしてしまう可能性があります。

 

 

この点、ビットコインは総数2100万BTCと決定しており、

 

価値を保つための工夫がなされています。

 

 

しかし、リスクは、発行枚数が設定されていません。

 

このままだとインフレに向けてまっしぐら!

 

 

と思っていたら、リスクの場合は、

 

発行枚数はどんどんと減っていっています。

 

これにより、価値を保つことができるよう調整をしているんですね。

 

決して、名前(リスク:lisk)の通りリスク(risk)を犯して

 

どんどんばらまいていくぜ~というわけではありませんでした。

 

 

このように、アルトコインのリスク(riskとlisk)について考えてみました。

 

liskについては、よく考えられているもので、今後人気が出そうですね。

 

 

仮想通貨を買う時に気を付けることは?

↓  ↓  ↓

仮想通貨を購入する方法

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ