仮想通貨でアルトコインってなんなの?

仮想通貨を調べていると必ず出てくる言葉の一つが、

 

 

アルトコイン

 

私は、一瞬、音楽とアルトと関係があるのかと思ってしまいましたが、

 

実は全く関係ありませんでした。

 

 

この紛らわしい名前のアルトコインについて調べてみました。

 

 

仮想通貨のアルトコインって何?

ビットコインとアルトコイン

 

コインとは、もちろん通貨のことです。

 

そして、アルトコインとは、

 

 

ビットコイン以外のコインのこと

 

 

です。

 

 

調べてみれば、とっても簡単なことでした。

 

アルトコインは Altemative  coin の略で、

 

代替のコイン

 

ということになります。

 

 

つまり、ビットコイン以外の仮想通貨の総称を

 

アルトコイン

 

と呼んでいるのです。

 

ビットコインは、言わずと知れた仮想通貨の王様です。

 

その、王様以外の通貨がアルトコインです。

 

 

アルトコイン

 

アルトコインは、今現在、約1,500種類があります。

 

仮想通貨は今でも、これからもどんどん増えていくと予想されています。

 

しかし、すべてのアルトコインが価値があるかというと

 

なかなかそうではないのが現実です。

 

 

今現在の代表的なアルトコインは、

 

〇イーサリアム

 

〇リップル

 

〇ネム

 

などがあります。

 

特に、イーサリアムはあのトヨタ自動車も注目を始めているとのことで

 

ビットコイン以外では、一番の取引量を誇っています。

 

 

注目すべき将来性のあるアルトコインの見分け方

 

では、注目すべきアルトコインはなんなのでしょうか?

 

それを判断する材料として、

 

 

取引量の確認

 

 

をしましょう。

 

取引量が多いということは、それだけ注目されているということであり、

 

欲しい人も多いということです。

 

 

投資目的でしたら、欲しがる人が一定以上いなければ利益を上げることは難しいですから、

 

取引量が多いアルトコインは視野に入れておいていただきたいです。

 

 

そうそう。

 

知っていましたか?

 

 

『アルトコインは誰でも発行できる』

 

 

これってある意味むちゃくちゃです。

 

しかし、その発行したアルトコインが、市場で価値が出てくるかどうかは

 

わかりません。

 

もしかしたら、価値が出る前に淘汰されてしまうかもしれません。

 

そうなったらそのお金は返ってきません。

 

 

では、確実に安全な仮想通貨はあるのでしょうか?

 

もちろん、現在の仮想通貨の中心は、間違いなくビットコインです。

 

ただ、ビットコインも価格が高くなりすぎました。

 

 

ですから、新たに始めるには、ビットコインと取引量の多いアルトコインとの

 

両方を始めるのがよいでしょう。

 

 

ビットコインは、セキュリティー面などかなり高い評価を得ています。

 

アルトコインは、数が多すぎて、何がいいのか判断がしにくい面があります。

 

 

投資目的なら、しっかりと調べてから行動に起こすようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ